糖尿病 予備知識

NO IMAGE

糖尿病を予防・改善するためには、「糖尿病とはどういう病気なのか」を知ることは必要だと思います。

ただ病院で言われるがままに対策しても、きちんと実行できればキチンと改善はできるでしょう。

しかし、漫然と言われたことをするのではなく、「どこをどうすればこういう理由で変化が期待できる」という事を知識として知っておくことは少なからずモチベーションにも繋がるでしょうし、現れた結果に対しての喜びも受け止め方も変わってくると思うからです。

もう一度復習の意味も兼ねて糖尿病を見つめなおしましょう。

糖尿病とは わかりやすく

糖尿病はわかりやすく言えば「血液の中に流れる糖(ぶどう糖)が多くなる病気」という感じのことがネットでも書籍でも書かれているものが多いと思います。

確かにそうなのでしょうが、これはわかりやすくというよりも「端的に言うと」といった方が正しそうです。

 

そうなるプロセスを理解することの方が長くなりますけどわかりやすいと思います。

逆から見て行きますね。

1、なぜ血糖値が高く糖尿病と診断されたのか ⇒ 血中の糖が多くなったから

2、なぜ血中の糖が多くなったのか ⇒ 筋肉などの細胞に取り込めなくなったから
糖は本来人間の活動に必要なエネルギー源ですから、常に血液中を流れていていつでも細胞が取り込めるような仕組みになっているそうです。
3、なぜ細胞に取り込めなくなってしまったのか ⇒ インスリンの働きが機能していないから
インスリンは糖が細胞に届くように細胞への扉を開ける鍵のような役割をしていて、本来なら細胞に取り込まれて減っていく筈の糖が、入れないために血中に取り残されて増えてしまうのだそう。(糖尿病情報センター:「糖尿病とは」より引用)
4、何故インスリンが機能していないのか
⇒ ①インスリン分泌低下 膵臓からほとんど分泌されなくなってしまったから(Ⅰ型糖尿病)。
⇒ ②インスリン抵抗性 分泌されているが効果が弱く発揮できない状態になっている(Ⅱ型糖尿病)
5、原因
① インスリン分泌低下の原因 ⇒ 膵臓でインスリンを作る「β細胞」というのが壊れてしまいインスリンが作れなくなってしまう。急激に発症することも多いらしいが、明確な原因はあまり分かっていないそう。
② 運動不足や食生活などの生活習慣や遺伝が原因で、インスリンが出にくくなったり効きにくくなったりする

 

大まかにはこのようなメカニズムで糖尿病というのが発症するという事でした。