糖尿病 改善 サプリ アディポネクチン

糖尿病の改善にアディポネクチンという成分のサプリでアプローチ

糖尿病を改善する方法は様々なアプローチの方法があります。

サプリもその一つではありますが、サプリと一括りにしてもその成分や目的が違うのです。

ついつい「血糖値の上昇を抑える」とか「糖尿病対策に」などの大きなテーマに目を奪われ、それでも血糖値が下がれば糖尿病は改善する方向に行くのだからいいや、そう思って手を出すこともあります。

でも同じ成分のものを複数使っているという場合も無きにしも非ず。

どうせ使うなら違う角度からアプローチして、相乗効果を狙っていけるのがサプリメントだと思っていますので、今回はアディポネクチンという成分のサプリを紹介させて頂こうと思います。



糖尿病の改善にアディポネクチンを使っているサプリがいい理由

糖尿病を改善するにはただ与えられたことをするだけではなく、なぜそれをするのか、なぜそれがいいのかという所をおさえておくと、自分から積極的に取り組んで行けます。

今回もかなり調べていたつもりでもこの「アディポネクチン」というものについては初めて知りました。

 

実はこのアディポネクチンは体内で作られて分泌されていてインスリンの働きを助けるものらしいのですが、ある事で減少してしまうというのです。

それが内臓脂肪の増加だったのです。

内臓脂肪とアディポネクチンの関係

そもそもアディポネクチンはどこから出ているのかと言うと、驚くことに内臓脂肪から出ているのだそうです。

じゃあ内臓脂肪が増えればアディポネクチンも増えるから、よりインスリンの働きが良くなって糖尿病は改善するのではないかと思いませんか?

それがそうではないところが人間の身体の不思議と言うか神秘的な所。

どうやら内臓脂肪が増えすぎると「アディポネクチン」は減少する、そしてそれだけならまだいいのですが逆にインスリンの働きを悪くしてしまう「TNF-α」という物質が増加するのだそうです。

これはなにか腸内の善玉菌と悪玉菌の関係にも似ていますよね。

そこを改善するには二つのアプローチがあることがわかります。

善玉物質のアディポネクチンを増やす

内臓脂肪が多い現状で、自然分泌を望むのは困難です。もちろん内臓脂肪をきっちりと減らしていければ徐々にアディポネクチンもまた増え始めるかもわかりません。

しかしそこまで待ってられないですよね。

だからここをサプリで補っていくのです!

とりあえずこの部分に関してはこれだけで解決してしまいます。



こんなに簡単に対策できていいの?と申し訳なく思うぐらいですね。

でもそれだけでは根本的な改善にはならないので同時進行で次のステップにも入っていきます。

悪玉物質のTNF-αを減らす

悪玉物質としてインスリンの働きを悪くすると言われるTNF-αは、過剰に増えた内臓脂肪から出ているという事がわかっています。

じゃあ内臓脂肪を減らせばいいという事になります。

ここでこれまで見てきた運動や食事が効果的になってくるのですね。

悪玉物質を減らしていって、そこにアディポネクチンを経口摂取で行くとどちらか片方で改善していくよりもより高い効果があるのではないかという想像ができます。

運動はいいです!

その運動の効果を高めるためにもサプリメントを補助使用するのであれば、私の一番のおすすめは酵素です。

たまたま今飲んでいるのが「酵水素328選生サプリメント」というもの。

運動効果を高める代謝アップ用として取り入れています(^^

とにかく酵素も水素も身体にはいいとされていますから、何か不都合が出るというよりも逆にいい作用の方が多いであろうという考え方からの採用となっています。

 

糖尿病 改善 サプリ アディポネクチンのまとめ

勉強不足なだけかもわかりませんけど、アディポネクチンのサプリはそんなにたくさん発売されているわけでもなさそうです。

ひょっとするとこれからまだまだいいものが出てくる可能性はありますが、現在確認できている良さそうなサプリメントで「SP-18 ベーシックDX」というのもあります。

これは今話題のサプリとなっています。

少々お高いですが、何か大きな期待を感じずにはいられませんね。

 

2個セット 濃縮版 SP-18 BASIC DX(エスピー18 ベーシックDX)

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!